リシャールミルRM53-01 トゥールビヨン パブロ・マクドナウ【2018年新作】

リシャールミルRM53-01 トゥールビヨン パブロ・マクドナウ【2018年新作】

商品名 RM53-01 トゥールビヨン パブロ・マクドナウ【2018年発表】
ケースサイズ 44.50 x 49.94 x 16.15 mm
素材 ベゼル:カーボンTPT®
ミドルケース:カーボンTPT®
ケースバック:カーボンTPT®
インナーベゼル:グレート5チタン
リューズ:グレート5チタン
ストラップ:ラバー
ガラス:ラミネート加工、およびUVと無反射コーティングされたサファイアクリスタル
ムーブメント Cal.RM53-01 手巻きトゥールビヨン
機能 時、分
トゥールビヨン
駆動時間 約70時間
防水 50m防水
備考 世界限定30本
ケーブルサスペンション式トゥールビヨンを搭載し、業界初のラミネート加工されたサファイアクリスタルを採用したハイリスクなポロ競技から身を守る鎧とも言える究極のモデルの登場。
リシャール・ミルはファミリーのポロ競技界のチャンピオン、パブロ・マクドナウの為に彼がプレイ中にも着けられる時計を製作しました。
それがトゥールビヨンであることは決して奇跡ではありません。
リシャール・ミルが生み出したこのRM53-01は、「内部が見える究極のタフ・ウォッチ」という1つの目標のもとに作られています。

出典:https://jp-kopi.com/

パテックフィリップ2019生産中止モデルが多すぎる

2018年にはウブロ コピN級品 5116Rやゴールデンエリプスを含む20モデルが廃盤となりました。

往年の名パテックフィリップたちが続々と廃盤になる中、今年の過去最多の生産終了・・・

近年の大幅な現行ラインの削減には驚かされますが、かと言って追加される新作自体が増えているわけではありません。
反面、近年の新作には同社の「初物」も多く、創業180周年の勢いを感じさせもします。

バーゼルワールド2019を控えた今、明かされた31モデルの廃盤は、パテックフィリップ退化の悲報か、はたまたさらなる進化の福音か!?

 の、2019年度生産終了モデルが判明しました。
なんと、メンズだけで31モデルが対象です。

2017年に手巻きクロノグラフの最高峰・5170G-010や年次カレンダー×クロノグラフの5960/1A-001含む27モデルが。

出典:時計通販